新年挨拶

皆さま 明けましておめでとうございます。

昨年 我が国は未曾有の東日本大震災、原発事故に襲われ、現行の医療制度、体制は見直す必要に迫られております。その中で私は「大震災と健康に関する支援」研究活動に取り組みました。又 昨年は国民皆保健制度50周年にあたり、先進国として初めて特集号を出版した英国の医学誌ランセットにて実行委員長を務め、出版記念の国際シンポジュームを開催したりし、個人としては充実した一年でありました。

今年は 海外における「グローバル・ヘルスと人間の安全保障プログラム」に関する活動が目白押しとなっています。 まず1月にはタイにてのPMACセミナー、5月にペルー(予定)にてセミナー、10月にはIMF世銀総会のサイド・イベントにて グローバル・ヘルスに関する研究を発表、世界に向けて「健康と人間の安全保障」を発信したいと考えています。
 今後とも「我が国ならびに世界の国々の健康社会実現」に向かって邁進しますので、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

武見敬三