パネリストとして参加「日蓮宗 いのちのシンポジウム 二十一世紀仏教-危機と挑戦-」

さる10月26日に本山 立本寺に於いて、開催されたシンポジウムにパネリストの一人として参加いたしました。
ハーバード大学世界宗教研究所所長ドナルド・スウェアラー博士の基調講演後「人類の直面する世界的な諸問題(環境・平和・いのち)の解決に仏教はいかに貢献しうるか」をテーマにドナルド・スウェアラー博士、岡田真美子氏(兵庫県立大学教授)と私がパネルディスカッションを致しました。内容は改めてPDF資料としてお伝えいたします。
11月22日まで、京都国立博物館(東山七条)に於いて、「日蓮と法華の名宝」展が開催されております。